ステーションコラム

【介護 初心者必見!】知っていますか?頼れるサポートとは

2021/11/22

こんにちは、ライフ訪問看護ステーション事務長の小高です!

実はご家族の介護での悩みを抱え込まないよう、たくさんのサポート体制があります。
今回は、老老介護で困った時に役立つ対策をご紹介したいと思います!

老老介護の対策

1.少しでも違和感があったらすぐ病院へ
老老介護の場合、病院が介護者側の容体も気にかけ、チェックしてくれます。
定期的に病院で人と話す機会をつくっておくと、介護者に認知症の症状が出たときも
早めに気付き、適切に対処することができます。
また、会話をするだけでも気持ちが楽になることもあります。

 2.地域包括支援センターに相談に行く
地域包括支援センターとは地域の相談窓口です。「その場合はこういう対策がある」「そういう希望があるならこれがオススメ」などそれぞれの悩みに対して、適切なアドバイスをしてくれます。

図1介護予防支援件数(1年間)
参考:厚生労働省老健局 地域包括支援センター

 

 3.プロの介護サービスの手を借りる
要支援が1~2、要介護認定は5段階あり、段階によって保険の適用される限度額が異なります。
地域の「高齢者総合相談センター」に相談すれば、ケアマネジャーがその方に合わせたケアプランを立てます。また、本人や家族の困りごとを解決するために、日頃からサポートしてくれるよき相談相手になってくれます。

参考:厚生労働省 老健局振興課

 

さいごに
老老介護の負担は心身ともに大きいものです。
『頑張りすぎずに上手にプロに頼る』ことで上手に身体を休め、精神的な余裕が生まれます。

家族皆の幸せのために大切なことですね。