ステーションコラム

【健康状態のアセスメント必要性】訪問看護のアセスメントで診る大切な理由

2022/02/03

こんにちは!ライフ訪問看護ステーション事務長の小高です!

私たちの仕事は、自宅療養する患者さまのもとへ看護師などが出向き、
健康状態のチェックや療養指導、医療ケアをおこなう「訪問看護」です。
必要な提供サービスを見極めるために欠かせない「アセスメント」は、患者さまやご家族からすると、
何度も同じことを聞かれ、うんざりされてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、何度も行う大切な理由があります。
今回は、訪問看護のアセスメントの必要性についてお伝えしていきたいと思います!

アセスメントとは

訪問看護のアセスメントで大切なこと

訪問看護師には、患者さまの希望する生活の実現と維持をサポートするため、医学的視点と利用者視点の
2つをバランスよく持つことが求められます。
訪問がない日の様子については、訪問介護員やリハビリ職員などの多職種から情報共有を受けたり、
ケア方針を相談して、アセスメントの精度をより高ることも大切です。

さいごに

これまでの健康状態や生活環境を評価・分析し、次回の訪問まで患者さまが安心して生活できるケアを考えることが大切になります。
訪問看護師のアセスメントとケア次第で、夜間のトラブルやオンコールの軽減にも繋げることができます。
患者さまの意思を尊重し生活を守っていく為に、患者様とそのご家族の希望に寄り添っていきましょう。

参考:訪問看護のアセスメントでは何を診る? アセスメントの内容や大切な考え方とは | なるほどジョブメドレー