ステーションコラム

訪問診療と訪問看護の果たす役割

2022/09/20

こんにちは!ライフ訪問看護ステーション事務長の小高です。

いつもコラムをみていただき、ありがとうございます!まずはじめに、皆さまにホームページからの応募限定で受けられる、看護師さんのための特別な福利厚生制度についてご紹介をさせていただきます☆
ライフ訪問看護ステーション採用情報はこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
業界初!!のスーパー福利厚生かと思います☆
普段は美容外科で◯十万円〜提供しているコースを、弊社では福利厚生で受けていただけます!!

・フォトフェイシャル(M22) 月1回
シミやそばかす、ニキビ跡など今までに改善しなかったものに対して効果が期待できます。

・ハイフ 3~6ヶ月1回
皮膚表面へダメージを与えることなく、熱で内側から皮膚を引き締める痩身治療。
たるみの改善、リフトアップなどの美容効果が期待できます。

・プラセンタ注射 月1回
疲労や美容などに効果的です。

・ハイドラフェイシャル 月1回(NEW!)
毛穴の汚れを取り除き、詰まりや開きの改善効果があります。

※美容機器につきましては今後新しい機械を定期的にアップデートしていく予定です!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

在宅医療を選択するにあたり、訪問診療・訪問看護の果たす役割について、「漠然とならわかる」また、「全く想像つかない・・・・」これまでの日常生活に訪問診療や訪問看護がなじみのない人々にとっては当然のことだと思います。
訪問診療とは文字通り、先生がご自宅に訪問して診療を行います。外来通院では定期的な受診、体調の悪い時に病院や診療所に出向き診察を受けるのですが、それを医師に来てもらって診察を受けることができます。ただし、誰でも訪問診療を受けることができるのではなく、自分で通院することが難しくなってきた方が対象となります。

訪問診療を理解するのはここが重要なポイントとなります。

自ら通院することが難しくなった人、つまり、体調不良の際に「自ら行動を起こすことが困難な方」も含まれてきます。そこで大切なのが日常の体調管理・状態把握です。

訪問診療では、外来通院より診療の頻度を増加させることで患者様の常を知り、体調の変化を早いタイミングで把握、早期対応が可能となります。そうした考えのもと、当院では少なくとも定期的に月2回以上の訪問診療を行っています。また、診療の場が患者の生活の場という点において、外来通院にはないメリットが訪問診療にはあります。実際に生活を行っている場所で診療することでより個々の生活が見え、それに合った医療の提案が可能になります。

実際にあったケースの紹介

まとめ

訪問看護とは前述通りのイメージがわかない方がほとんどだと思います。
医療行為(例えばインスリンやカテーテルなど)から内服管理、おむつ交換、爪切り、入浴介助などを体調チェックとともに行っています。決まった曜日に決まった回数おうかがいし、場合によってはもちろん毎日伺うことも可能です。伺う回数が多いためより利用者様の細かい体調の変化を発見し、医師と連携することですぐに対応することなども可能となります。

さいごに

私たちのステーションは、クリニックと連携しているのでそこも魅力の一つになります!
グループ内での連携が整っているので、お互いの仕事を尊重し合い、働きやすい環境になっています。
情報交換もしていくので、看護師さんのスキルアップにも繋がります。
訪問看護師として、また、この福利厚生をふんだんに利用して、充実した時間を一緒に過ごしませんか?
転職やキャリアチェンジをお考えの方は是非一度お問い合わせ下さい★

ライフ訪問看護ステーション採用情報はこちら