ステーションコラム

~ライフ訪問看護ステーションの看護師が伝える~ 【訪問看護を誇りに想うワケ】

2022/08/25

こんにちは!ライフ訪問看護ステーション事務長の小高です。

いつもコラムをみていただき、ありがとうございます!まずはじめに、皆さまにホームページからの応募限定で受けられる、看護師さんのための特別な福利厚生制度についてご紹介をさせていただきます☆
ライフ訪問看護ステーション採用情報はこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
業界初!!のスーパー福利厚生かと思います☆
普段は美容外科で◯十万円〜提供しているコースを、弊社では福利厚生で受けていただけます!!

・フォトフェイシャル(M22) 月1回
シミやそばかす、ニキビ跡など今までに改善しなかったものに対して効果が期待できます。

・ハイフ 3~6ヶ月1回
皮膚表面へダメージを与えることなく、熱で内側から皮膚を引き締める痩身治療。
たるみの改善、リフトアップなどの美容効果が期待できます。

・プラセンタ注射 月1回
疲労や美容などに効果的です。

・ハイドラフェイシャル 月1回(NEW!)
毛穴の汚れを取り除き、詰まりや開きの改善効果があります。

※美容機器につきましては今後新しい機械を定期的にアップデートしていく予定です!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

皆さんは看護師の職業に誇りはありますか?
なーんて、看護師さんに聞くのは失礼な話ですよね。
私が事務長になって一番感じることは、看護師さんたちが皆、看護師という仕事に誇りをもって働いているということです。
今回はライフ訪問看護ステーションで働く看護師さんに仕事の考え方を聞いてみました!

病院も訪問看護も看護師の基本姿勢は変わらない

看護師として、目の前の人に何をして差し上げたらいいのか、どうしたら良くなるのか、その姿勢は、病院も訪問看護も変わらないのだそうです。
違うのは、「ハコがあるかないか」くらいで、訪問看護の世界は、病院の中でやっていたことが地域に広がっただけで、仕事で関わるドクターやケアマネジャーさんは同じ組織で働く職員ではありませんが、病院時代と同じく、やはり連携を取ることがとても大事だなと感じているようです。
看護師として、仕事が楽しいと思えることは、この上ない天職です!

訪問看護という選択肢を、もっと多くの人に知ってほしい

以前はまだ訪問看護をやっているところが少なく、「病棟で働けない人が訪問看護に行く」という捉え方もありました。だから「訪問看護には行きたくない」という若い子たちもいたように感じます。
今はそういうイメージはまったくなく、むしろ訪問看護にしかできないこともありますし、昔に比べて訪問看護の役割はどんどん大きくなってきています。
それでもまだ、世の中には訪問看護を知らない方が大勢います。「最期は病院で一人寂しく亡くなった」という話を聞くたびに、「もし私たちがその方と出会っていたら、おうちで最期を過ごす選択肢を提供できたかもしれないのに…」と思ってしまい、そういう悔しさを減らすためにも、もっと訪問看護の知名度を上げていきたいと思っています。

さいごに

ライフ訪問看護ステーションは、一人ひとりの利用者様に寄り添い、質の高い医療を提供できるステーションにしたいと考えています。
看護学校を出てすぐは病院勤務をする看護師さんが多いと思いますが、スキルが磨かれ経験を積んでいき、看護師になった以上は、看護師の仕事を長く続けたいとおっしゃる方がほとんどです。私の仕事はその看護師さんたちが働きやすい環境を作ることでもあります。
ライフ訪問看護ステーションでは、看護師という素晴らしい職業を、一緒に盛り立ててくれる看護師さんを募集しています!
他とは違う面白い福利厚生もあるので、ぜひご応募お待ちしております☆

ライフ訪問看護ステーション採用情報はこちら